ショウキバト

基本データ

  • 和名:ショウキバト
  • 学名:Geophaps plumifera
  • 英名:Spinifex Pigeon
  • 分布:オーストラリア
  • 全長:19〜23cm
  • 体重:100g
  • えさ:種子

特徴

ショウキバトの特徴はなんと言っても、その長い冠羽にあるだろう。メスの冠羽はオスよりも短い。羽衣は赤サビ色をしている。顔は赤色をしていて、顎の部分に白色の帯が走る。頭部は黒色である。背面には黒色の帯がある。クチバシは濃い灰色をしている。眼は明るい黄色である。脚と足は赤みがかった灰色をしている。幼鳥は成鳥とくらべると色が薄い。眼は黄緑色をしていて、脚と足は赤茶色である。

習性

小さな群れを作って移動することがある。夜間は丘や低木の近くの地上をねぐらとする。

エサ

主食は乾燥した種子である。農場へ行って葉っぱや無脊椎動物を食べることもある。水を飲むことが多い。活発に動くのは早朝や夕暮れ時である。

繁殖

繁殖の時期は8月から1月までである。営巣場所は地上や低木、岩の近くなどである。メスは2個の卵を産卵する。卵はクリーム色をしている。抱卵は雌雄両方の役目であり、それにはおよそ16〜18日間かかる。孵化した雛は10日ほどで離巣する。


HOMEハト目>ハト科>ショウキバト
inserted by FC2 system