マツカケス

基本データ

  • 和名:マツカケス
  • 学名:Gymnorhinus cyanocephalus
  • 英名:Pinyon Jay
  • 分布:北米
  • 全長:25〜28cm
  • 体重:100g
  • えさ:果実、昆虫

特徴

マツカケスの羽衣は主に灰色がかった青色をしている。眼と脚と足は黒色である。クチバシは長くて先端が鋭く尖っている。尾羽は短い。雌雄は似ているが、オスのほうがクチバシが長くて、冠羽の色が暗い。

習性

群居性があって、500羽ほどの大きな群れをつくることがある。群れでねぐらをとったり、コロニーをつくって営巣も行なう。

エサ

主食は果実や昆虫である。

繁殖

繁殖においては、樹上に木の枝や樹皮でつくった巣をかける。メスは2〜5個の卵を産卵する。抱卵の期間はおよそ16日間である。孵化した雛はおよそ3週間で羽毛が生えそろう。


HOMEスズメ目>カラス科>マツカケス
inserted by FC2 system