マダガスカルシャコ

基本データ

  • 和名:マダガスカルシャコ
  • 学名:Margaroperdix madagarensis
  • 英名:Madagascar Partridge
  • 分布:マダガスカル島
  • 全長:30cm
  • 体重:
  • えさ:種子、昆虫など

特徴

マダガスカルシャコは中程度の大きさの鳥である。黒白の縞模様が頭部についている。胸部の上あたりは栗色をしていて、下部分は黒色であり楕円形の白色の班模様がある。体色については、オスのほうがメスより羽色が明るい。体の大きさは、雌雄で違いはあまりない。メスのほうがわずかにオスよりも大きい。

生息地

ヒースの多い山岳地帯の草原に生息している。

繁殖

繁殖の時期は3月から6月である。オスは一夫多妻制であり、これは旧世界のシャコ類にしては珍しい特徴である。メスは8〜15個ほどの卵を産卵する。抱卵の期間は18〜19日程度である。


HOMEキジ目>キジ科>マダガスカルシャコ
inserted by FC2 system