コバシムシクイ

基本データ

  • 和名:コバシムシクイ
  • 学名:Smicrornis brevirostris
  • 英名:Weebill
  • 分布:オーストラリア
  • 全長:8cm
  • 体重:5g
  • えさ:昆虫

特徴

コバシムシクイはオーストラリアでは最小の鳥だ。クチバシは頑丈で短い。眼は薄いクリーム色をしている。眼の上には青白い眉線がある。頭部は灰褐色をしていて、背面はオリーブ色がかった褐色をしている。下面は淡黄色である。雌雄の外見は似ている。

エサ

主食は昆虫である。大量のカイガラムシを食べる。

繁殖

繁殖の時期は6月から1月である。草や植物の綿毛などを用いて巣をつくる。巣の内部には羽毛のような柔らかい素材のものが敷かれる。メスは2〜3個の卵を産卵する。卵はクリーム色をしていて褐色の班模様がある。メスだけで抱卵するが、雛の世話は雌雄両方で行なう。


HOMEスズメ目>トゲハムシクイ科>コバシムシクイ
inserted by FC2 system