キムネハシビロヒタキ

基本データ

  • 和名:キムネハシビロヒタキ
  • 学名:Machaerirhynchus flaviventer
  • 英名:Yellow-breasted Boatbill
  • 分布:オーストラリア、インドネシア、パプアニューギニア
  • 全長:11〜12cm
  • 体重:10g
  • えさ:昆虫

特徴

キムネハシビロヒタキのオスの喉は白い。下面は明るい黄色をしている。メスの背面と下面はオスとくらべると色が薄くなっている。キムネハシビロヒタキの一番の特徴はクチバシにある。クチバシの先端は鉤のように鋭く曲がっていて、幅が広い。

習性

他種の群れに混じることが多い。

エサ

主食は昆虫である。木の葉の茂みをあさって採食する。

繁殖

繁殖においては、クモの糸を使って巣をつくる。メスは2〜3個の卵を産卵する。卵は白くて小さな赤褐色の班がついている。


HOMEスズメ目>ハシビロヒタキ科>キムネハシビロヒタキ
inserted by FC2 system