カワセミ

基本データ

  • 和名:カワセミ
  • 学名:Alcedo atthis
  • 英名:Common Kingfisher
  • 分布:ヨーロッパ、アフリカ、アジア、インドネシア、ソロモン諸島
  • 全長:16cm
  • 体重:25〜35g
  • えさ:魚類

特徴

カワセミの背面は明るい青緑色をしている。尾羽は青色である。翼は暗青色をしている。下面は赤茶色をしていて、わき腹のあたりが暗色がかっている。頭部は青い。顎と喉と頸の側面は白色である。クチバシは長くて先端がとがっている。眼は暗褐色である。脚と足は明るいオレンジ色をしている。雌雄の外見は似ているが、メスの下クチバシはオレンジ色になっているという点だけが異なる。幼鳥は成鳥よりもくすんだ色をしていて、背面は緑色っぽい。

エサ

主食は魚類である。水場に張り出した枝にとまりながら、獲物である魚があらわれるのをじっと待つ。魚を発見すると水の中に飛び込んで、水深1mぐらいまで潜って魚を捕まえる。その後、垂直に浮き上がって枝にもどる。また、飛んでいる昆虫を捕まえて食べることもある。

繁殖

繁殖においては、木のうろやシロアリの塚に営巣する。メスは6〜7個の
白色の卵を産卵する。抱卵は雌雄両方の役目であり、それにはおよそ19〜21日間かかる。孵化した雛の羽毛が生えそろうのには23日間ほどかかる。


HOMEブッポウソウ目>カワセミ科>カワセミ
inserted by FC2 system