ハシブトガラス

基本データ

  • 和名:ハシブトガラス
  • 学名:Corvus macrorhynchos
  • 英名:Jungle Crow
  • 分布:アフガニスタン、日本、東南アジア、フィリピン
  • 全長:48〜59cm
  • 体重:450〜650g
  • えさ:雑食性

特徴

ハシブトガラスの羽衣は主にくすんだ黒色をしている。クチバシは長くて、尾羽の先端は角型になっている。

習性

群居性があって、ふつうはつがいか小さな群れをなして暮らしている。ねぐらにつくときには、大群になることもある。

エサ

雑食性である。地上と樹上のどちらでも採食する。

繁殖

繁殖においては、樹上に営巣する。メスは3〜5個の卵を産卵する。メスが抱卵をするが、それにはおよそ17〜19日間かかる。雛に対しては雌雄で世話をする。


HOMEスズメ目>カラス科>ハシブトガラス
inserted by FC2 system